春ウコン・秋ウコン・紫ウコン

スポンサードリンク
世界には実に様々な種類のウコンがあり、中国では約20種類、インドネシアでも20~30種類ほど見つかっています。なかには、効果の期待できないものもありますが、その中でも、主に用いられているウコンは2種類です。

それは、春に花が咲く「春ウコン」、秋に花が咲く「秋ウコン」です。

と、これだけでは何がなんだかわからないので、もう少し詳しく…。

春ウコン

春ウコン春ウコンは4月から5月にピンク色の花を咲かせ、その正式名称を「キョウオウ」といい、古来から薬用として使われてきました。
使われるのは根茎部分で、外側が白っぽく切ると切り口は黄色をしています。これは、そのまま口に入れると、強い苦味と辛さがあることから食用には不向きです。
春ウコンは、特に肝機能に一段と薬効が高いとされています。この種類も、クルクミンを僅かに含んでいますが含有量は秋ウコンよりずっと低く、代わりに精油分を多く含むようです。昔から、秋ウコンよりも効果が高いとさています。

秋ウコン

秋ウコン単に「ウコン」と呼べば、この種類をさします。香辛料の「ターメリック」も、秋ウコンのことです。
秋ウコンは、7月から8月に花を咲かせ、健康維持に役立つとされるクルクミンを豊富に含んでいます。そして食用(カレー粉やたくあんなどの着色料の原料)として使われるほか、衣服の染料などにも利用されます。
根茎は外見上、春ウコンとほとんど変わりませんが、中身は濃いダイダイ色で、苦味もほとんどありませんが、泥臭いような独特の香りがあります。
この種類は、「クルクミン」という活性酸素を消去する作用のある成分を多量に含んでいるということで、もっとも注目されています。

紫ウコン

紫ウコン紫ウコンは、赤紫色の花を付けること・根茎が白紫色であることから、こう呼ばれます。
生薬名は「莪朮(ガジュツ)」です。こちらの名前の方が知られているかもしれません。また、「弘法の石芋」という別名も有ります。
原産地はインドで、我国では奄美大島や屋久島で多く栽培されています。秋ウコン春ウコンよりも寒さに弱く、保存の難しい種類です。
秋ウコン春ウコンとは違い、黄色色素のクルクミンは殆ど含んでいません。代わりに精油分の「シネオール」、「カンフェーン」といった成分を含み、素晴らしい芳香です。漢方では、通常は「芳香性健胃剤」として使用されていて、特に胃潰瘍に良いとされています。また、血液の浄化、血管や脳細胞の老化予防に効果があるとされます。
血液を浄化することによって肩こり・腰痛の原因物質を取り除いてしまい、そういった痛みも消してくれます。同じ意味で、疲労回復効果もあります。また、ダイエット効果があるとテレビで放映されて話題になっています。

スポンサードリンク

Comments are closed.