ウコンの利用方法:粉末

粉末の利用法

スポンサードリンク
ウコン粉末は、1人1日に約3グラム程度を摂取します。3グラムですと、大体コーヒースプーンで山盛り一杯くらいになります。これもあまり神経質になる必要はないでしょう。大体この位と、気楽にいきましょう。
この3グラムを三等分して、毎食後、湯飲みにお湯か水で溶いて飲んで下さい。もちろん、粉末をそのまま口に入れて、水で流し込んでもいっこうに差し支えありません。
粉末の場合は、携帯しやすくどこでも飲めるので、旅行や出張の時などに大変便利です。また最近では、カプセルに入ったものや固形化して錠剤のようにしたものなど、いろいろな製品が出回って、さらに利用しやすくなっています。
さて、粉末は利用しやすく便利なのですが、ひとつ問題があります。なんだと思います?
一番問題になるのは、粉末の品質なのです。本当の本物のウコンを粉末にしたものであれば何ら問題ないのですが、そこのところがハッキリしないのが粉末なのです。増量のために他の粉末を加えたものが存在するのです。
もっとも悪質だと思われるものが、ウコン以外の植物の粉末を、ウコン粉末として製品にしている場合、あと1つは、植物学上はウコン属ではあるが効果がそれほどあると思われないものを混合して、さも効果があるように販売しているものもあります。
何しろ粉末を見ただけでは、その素性などわかるはずがありません。ウコンそのものにもピンからキリまでありますし、特に粉末の場合は注意深く選択して欲しいものです。
ウコンの粉末を入手する場合は、入手の年月日、購入先、製造元、販売元、購入地などを記録する、あるいは製品に貼ってあるラベルを保存しておくことも必要かもしれません。
ウコンの粉末

Comments are closed.