ウコンはたのもしい自然薬

スポンサードリンク

薬草は一般的にある特定の病気に対してのみ効果を表すのではなく、多方面にわたって効き目を持つものとされています。
ウコンは、肝臓病に特に優れた効果があり、他の薬草を遙かにしのぐといわれていますが、ご多分にもれず、かなり広い範囲に対して効能を持っています。


ウコンには次に示すような幅広い効能があることが、文献に記されています。

【病名・症状】

肝臓炎 胆道炎 胃炎 胆石症 カタル性黄疸
利尿 肝解毒機能促進 心臓病 高血圧 低血圧
健胃剤 吐血 下血 月経不順 通経
補温剤 利胆 止血剤 駆血 膿種
創傷 関節炎 金瘡 結核
肋膜炎 ゼンソク 子宮出血 疫痢 眼瞼縁炎
湿疹        

【作用】

利尿 肝解毒機能促進 健胃 通経 保温
鼻血や血尿などの止血    

ウコンは薬浴としても用いられます。その場合の効能は以下のとおりです。

慢性リウマチ 腰痛症 五十肩 痛風
捻挫 打ち身 きっくり腰の後遺症
簡歇性跛行症 胃けいれん 慢性便秘症 胃アトニー症
脱肛 移動性盲腸 痔核 腎臓結石
膀胱炎 白帯下(膣炎) 腔痙 低血圧
凍瘡      

薬浴の場合は、あわせてウコン茶などを飲むと更に良いとされています。
なお、ウコン油には軽い殺菌作用があり、制酸薬として用いられています。少量の場合は駆風、健胃、食欲増進、強壮剤として、多量の場合には腸の過度の蠕動運動を抑制し、鎮痙薬として用いられています。

とまあ、ここまでいろいろあるとかえって「本当かな?」と思ってしまいますが、ウコンがかなり頼もしい存在であることは確かでしょう。

スポンサードリンク

Comments are closed.